教科書やテキストの大切な部分をしっかりと区別できるようにしたい!そんなときには蛍光ペンですよね。

しかし、問題なのはどんな蛍光ペンを作ったら良いかわからないというところです。意外と多いんですよね、蛍光ペンの使い方がわからないので解説してくださいという質問。

今回の記事では蛍光ペンの色の使い分け方、おすすめの種類や暗記に良い使い分け方をご紹介します。

今回の情報を参考にしてあなたの仕事管理や情報整理をドーンっと効率化するお手伝いをさせてもらえればうれしいです。^^

どんな種類があるのか

蛍光ペンの種類は増えています。最近ではフリクションボールペンのような「消せるボールペン」まで発売されています。

大きく分けるとだいたい3パターンです。

蛍光ペンのパターン
スタンダードタイプ
特殊タイプ
格安タイプ
1つずついきましょう。まず、スタンダードタイプです。
ゼブラ 蛍光ペン 蛍光オプテックス ケア WKCR1-7C 7色セット

スタンダードタイプの蛍光ペンは豊富なカラーバリエーションと安定した価格が特徴です。

もしあなたが、「どの蛍光ペンを使ったら良いのかわからない。初心者にはどれが良いですか?」という場合はこのスタンダードタイプをえらびましょう。

次に、特殊タイプです。
ステッドラー 固形蛍光マーカー テキストサーファーゲル 264-S PB5 5色セット

特殊タイプはちょっと変わり種な蛍光ペンです。フリクションは言うまでもないくらい有名ですが、伝統的なステッドラーの蛍光ペンはまだあまり知られていません。

ペン先がリップクリームのようになっているんですよ。慣れるまでは時間がかかりますけど、慣れるとめちゃくちゃ書きやすいのが特徴です。

最後に格安タイプですね。

コクヨ 蛍光マーカー 3本セット WiLL STATIONERY ACTIC F-WPM104SET

蛍光ペンというと消耗品です。特に受験生や学生、資格試験を受ける人からするとかなり大量の消費が予想されます。そうなってくると、1本150円や200円もするような高額なものをポンポンと購入するのも大変ですよね?^^;

そこでおすすめなのが格安タイプです。1本あたり100円以下ですから、かなり経済的です。更に言うと、最近の蛍光ペンは安いものでも品質はそこまで安くはありません。

暗記の使い分け

蛍光ペン 色 おすすめ

ここまでで蛍光ペンの種類を理解してもらいました。次に問題になってくるのが、どのように色を使い分けるかということです。

これは様々な使い分け方があります。私も以前は同じように悩んでいたのですが、これはかなり理にかなった分け方があります。

私はカラーセラピストとしての資格を持っているので、色使いに関してはかなり詳しい方です。そんな私も納得してしまう色の仕分け術がずばり「信号式の色使い」です。

信号機の色って3色ですよね?歩行者用は2色ですが、車は基本的に3色です。この信号に合わせて重要度を当てはめて使い分けます。

赤は最重要、黄色は重要、青色はやや重要という3パターンです。この3パターンで色分けをするのは色彩心理学としても理にかなっています。

何故かと言うと、人間は赤色というのをとても注意深く見る傾向があり、その次に黄色に注意を向ける傾向があります。

つまり、この3色の分け方は人間が色彩を理解する順番としても自然なものです。

もし、あなたが「どのように色の使い分けをしたら良いか迷っている」という場合は赤、黄、青の3パターンを利用してみてください。

まとめ

今回は最近、話題になっている蛍光ペンの種類と色の使い分け方についてご紹介してきました。

細かい筆記用具選びをするのも楽しいですが、勉強に集中しようという時はあまりペンにこだわりすぎることは必要ありません。

というのも、ペンというのはペンごとの書きやすいというクセの違い、色の出方の違いというのはありますが、基本的に心理学的な観点では大差ありません。

それなので、受験など絶対に合格しないといけない場合はツールであるペンへのこだわりは今回の記事で紹介したレベルで十分です。

とは言え、ある程度のこだわりは必要です。ペンへのこだわりが自信になったりしますからね。^^

今回の記事を参考にして勉強、がんばっていきましょうね♪^^