英語が上達したいけど文章の書き方がわからない!なんて困っていませんか?

英語の文章の書き方

英語の文章の書き方にはコツがあります。

コツがあるということは重要なポイントだけ押さえておけばある程度は誰もが書けるようになるということです。

いきなり0から英語の文章を書こうとしても大変なことです。

今回の記事を参考にしながらEnglishライティングのスキルを身につけてくださいね。

英語の文章の作り方

英語の文章の作り方を学びたいのであればまずはシンプルな英語のフレーズを覚えましょう。

英語の文章の書き方と言っても小さなフレーズの組み合わせです。

シンプルで短い文章を沢山覚えれば覚えることあなたの英語の文章の書き方はうまくなってきます。

もう少し細かいこと言うと「うまくなる」というのは上手な文章を書く事ではありません。

ではどのようなことをうまくなるというのでしょう?

それは伝わる文章が書けるようになった時です。

日本語ではよく婉曲表現がありますよね。

英語でももちろんありますが、最初のうちはこういった複雑な表現は避けるほうが無難です。

ストレートな表現をした方が伝わりやすいです。

そのためにもシンプルなフレーズをより多く覚えることが大切です。

英語の文章は構成に注意

英語の文章は構成を作ることが大切です。

日本を書くときってついつい思うままに書いてしまいませんか?

これは日本語の特徴ということもあるし、私たちが日本語に慣れているからということもあります。

しかし英語の場合は書き方がある程度決まっています。

導入(introduction)
本文(body)
結論(conclusiton)
この3段階に構成されています。

導入部分ではあなたの主張をしっかりと書いておきます。

本文ではあなたの主張を細くするための具体的な事例などについて言及します。

結論では導入部分で言及した主張を改めて述べます。

この構成は海外の大学であれば必ず守らないとレポートになりません。

そのためアメリカやイギリスの小学生ではまず構成に当てはめて文章書くかを学ぶところから学習がスタートします。

あなたは今の段階で小学生ではないと思いますが、英語学習においては小学生レベルからスタートしても何の損もありません。

まずはこの形に当てはめて文章の書き方を身につけていきましょう。

英語の文章は翻訳よりも添削が大切

英語の文章は上手に翻訳するツールなどが最近は増えています。

Google翻訳やエキサイト翻訳など様々な翻訳ツールがありますよね。

それなので翻訳が正しいと思ってしまいがちです。

しかし実際はそうではありません。

自然な英語を身につけるためにはやはりネイティブに添削してもらうのが一番です。

最近はワンコインで文章の添削をしてくれるサービスなどが増えています。

わざわざお金を払わなくても学校に通っているのなら先生に添削してもらうのも良いでしょう。

最近の大学ではグローバル化が推進されています。

それなので添削サービスなどを学内に導入する大学も増えてきています。

シンプルなフレーズを覚える
文章構成に当てはめる
添削してもらう
これが一番英語の文章の書き方が身につく方法ですから試してみてくださいね。