日差しが強くなる春から夏にかけてサングラスを使う季節がやってきます。
サングラスって欧米文化の中でできたものだから、日本人だとちょっと選び方がしっくりこなかったりしますよね。
あなたもサングラスの上手な選び方ができなくて困っていませんか?
サングラスの選び方
サングラスを使ってみたいけどなかなか選び方がわからないという人のために役立つ情報を紹介します。
特に日本人は欧米人と違った鼻が低いだったり、顔の形がサングラスと愛さなかったりします。
サングラスのプロに聞いた女性でも、メンズでもぴったりのサングラスを選べる方法を紹介するので参考にしてみてください。
ファッション性と機能性を順番に見て行きましょう。

サングラス選びは顔の形と眉毛が基本

サングラスの選び方で最も重要なのは眉毛のカーブとフレームの形を合わせることです。
眉毛のラインとサングラスのフレームラインがズレていると不自然な印象になります。
この不自然な印象を与えてしまうと、「サングラス(もしくはメガネ)が似合っていない」と判断されてしまいます。
あなたの顔の形や鼻の高さが問題なのではなくて、選び方に問題があるだけですから安心してください。
眉の形に合わせるようにサングラスのフレームの形を選ぶようにしましょう。
それだけで、あなたがサングラスをかけた時の印象は大きく変わります。
次に顔の形に合わせたサングラスの選び方を紹介します。
こちらの動画が参考になるので、まずはご覧になってみてください。

顔の形ごとにサングラスの選び方は変わってきます。
それぞれの顔の特徴に合わせて見ていきましょう。

顔が大きい

顔が大きいと悩んでいる人のほとんどは四角型、三角型、もしくは面長のどれかでしょう。
四角型、三角型にはオーバル型フレームのサングラスを選びましょう。
オーバル型とはたまご型のことです。
三角型の顔には小型のオーバルタイプ、フレームは細めのものを選ぶと顔の形とフィットして調度良い印象になります。
四角型び顔の人はオーバルタイプでフレームが広く太めのモノ選びましょう。
こうすることで、角張った顔の形が調和されて自然な印象になります。
面長の場合はウェリントンタイプで、縦幅が広いフレームを選ぶようにしましょう。
縦幅が拾いフレームを選ぶことで顔の長さが気にならない自然な印象をあたえる事ができます。

丸顔の場合

丸顔の場合はスクエアタイプのサングラスを選ぶと良いです。
幅が狭くてフレームが細いものを選ぶと丸い顔と調和して自然な雰囲気を作り出せます。

鼻が低い

日本人で多い悩みが鼻の高さですよね。
私も外国人の友人と話すときはついつい鼻の高さにコンプレックスを感じてしまいます。
だけど、大丈夫です。
鼻がそんなに高くなくても、フレームの縦の長さを鼻の高さに合わせると自然にサングラスをつけられます。
逆に、鼻が低い人が若い女の子や韓国で人気の縦幅が長いフレームのものを選ぶと、ぽったりとしてだらしない印象になります。
そのだらしなさがおしゃれと捉えることもできますが、ピッタリと似合うサングラスでクールに決めたい場合は鼻の高さと相談しましょう。

サングラス選びはフレームの色が重要

サングラスの色とあなたの肌の色を合わせるのはとても重要です。
サングラスの色と肌の色を説明したこちらの動画をご覧ください。

基本的には肌の色と同じ系統の色を着けるようにしましょう。
例えば、肌が明るくピンク色の場合はサングラスのフレームの色もピンクやホワイトなど爽やかな色にしましょう。
そうすると、自然で違和感のないサングラスを選ぶことができます。
逆に肌が濃く黒い場合はブラックやグレー、ブラウンなどを選ぶと良いでしょう。
肌の色が濃いのにホワイト系の色を選んでしまったり、肌の色が明るいのにブラウン系の色をしたフレームを選んでしまわないように気を付けましょう。
肌の色と違うフレームの色を選ぶと、サングラスだけがぽっかり浮かんだ印象になります。
サングラスをかけていて不自然な印象がある人はフレームの色と肌の色がずれている場合が多いです。

サングラスはUVカットが重要

サングラスの機能的な役割といえば紫外線(UV)のカットです。
サングラスにUVカット機能がついてることを注意して購入するようにしましょう。
グラスの色が濃ければUVカットされていると思いがちですが、実はそうではありません。
色が薄くてもUVカットをしっかりしているものもありますし、グラスの色が濃くてもUVカットがほとんどされていないものもあります。
サングラスがUVカットできているかどうか知るには「紫外線透過率」を調べればわかります。
例えば、「紫外線透過率10%以下」というサングラスがあったとしたら、90%以上の紫外線がカットできているということです。
これは余談ですが、私がインドのスーパーで買物をしていたときに400%UVカットのサングラスを見つけたことがあります。
よく聞いてみると400%ではなくて、UV400という仕様のサングラスがあるとのことでした。
UV400のサングラスは紫外線カットにはかなり効果的ですから、できるだけUV400仕様を選んだほうが良いです。

紫外線が眼に入るとシミになる

紫外線をカットしていないと、シミの原因になります。
地肌に日焼け止めクリームを塗っていたとしても、シミができてしまうんです。
なぜかというと、シミというのは脳内でメラニンが分泌されることによって発生するものです。
眼から紫外線を取り入れて眼の角膜が炎症を起こすと、脳下垂体がメラニンを分泌してシミが生成されます。
紫外線をカットすることで、眼の炎症を避けることができて、シミを予防することができます。
サングラスを着けることが出来ない場合もあるはずですが、そんな時は紫外線をどうしても眼に入れてしまいますよね。
サングラスがつけられず紫外線を浴びてしまった場合は目薬を利用すると便利です。
特に眼の炎症を抑えることができる目薬が良いです。
眼の炎症を押されれば、メラニンの分泌を抑えてシミの予防できます。
サングラスの選び方と併せて、眼の炎症の管理にも気をつけるようにしましょう♪