最近話題のタブレットPCですが、こども向けとなると選び方がグンと難しくなりますよね。

何と言っても、大人が使用するのとこどもが使用するのでは選ぶ基準が全く事なります。

大きく分けて3つの基準があります。

高機能すぎないか?
安心して使えるか?(課金や有害サイトのフィルターは付いているのか?)
故障や防水機能は付いているか?(補償はされるのか?)
今回の記事ではこれら3つの基準で比較して、こども向けのおすすめタブレットを選びました。どのタブレットがおすすめか、結論から言うと、キンドルのfire HD6です。

なぜ、キンドルがおすすめなのか、他のタブレットとどのように違うのかをご紹介していきます。今回の記事を参考にして健全で安心して使えるタブレットを選んでくださいね。^^

安全なの?

こども タブレット 比較

ところで、あなたがイメージする「こども向け」とは何歳ぐらいのことでしょうか?今回の基準は3歳から12歳くらいまでの年齢幅を基準に選びました。

さすがに中学生になると友人との連絡手段としてLINEを使ったりするので、フィルターを使ったりするのが難しくなるかもしれませんが、小学生ぐらいまでなら役立つこと間違いなしです。

まずはじめに気になることはタブレットの安全面ですよね。「有料アプリを勝手に購入しないか?」「課金を勝手にしていないか?」親としては気になるところだと思いますし、当然気にするべきところですよね?^^

最近のスマホやタブレットって高機能なものが多いんですけど、こういったフィルタリング機能が充実していない場合も多いです。

人気のスマホとタブレットと言えばiPhone(アイフォーン)ですが、必要以上に機能が充実している気がします。フィルタリングもあるといえばあるのですが、設定が少し面倒です。

その点、キンドルのHD6は機能制限がかなり簡単です。メール、連絡先、商品の購入やウェブ閲覧などの機能を簡単に制限できます。

さらに嬉しいのはこども向けコンテンツが充実していることですね。こどもの教育用の商品ってたくさんありますよね。絵本や書籍、CDから英会話教室まで、たくさんの選択が有ります。

そういったたくさんの選択があるなかで、キンドルに備え付けられた機能を使えば、簡単にこどもの学習の参考になるアプリがあるわけですから、これってとても嬉しいですよね?^^

それなので、やはり比較した結果、安全だし必要十分な機能が充実しているキンドルがおすすめなんです。iPad(アイパッド)はもうちょっと大人になってからでも良いでしょう。

故障や補償は?

タブレット こども 安全

こども向けのタブレットで気をつけたい事と言えば、故障ですね。特にタブレットは大きいですから、ちょっと落としただけで画面がバリバリに割れてしまったりします。

もしあなたがiPadをこどもに貸している場合は本当に気をつけて置いたほうが良いです。iPadは画面が美しいのですが、衝撃で画面が割れやすいというデメリットがあります。Retina(レティナ)ディスプレイを使っている場合なんて特に気をつけて下さい。ものすごい高額ですから、落として割れたらものすごいショックですよね?^^;

その点、アンドロイドのタブレットは画面が丈夫な物が多いですね。ゴリラガラスを採用しているものなんてまず割れることがありません。(残念ながらキンドルはゴリラガラスではありませんが。)

しかしながら、この点においてもkindle fire HD6がおすすめの理由があります。ちゃんと故障や水没の補償がついているからなんです。

耐久性もついていて、補償までついているというのは正直キンドルくらいではないかと思います。

もちろん、いくつかのこども向けタブレットというものは存在していますし、それらのこども向けタブレットは衝撃に強いと宣伝をしています。

しかしながら残念なことに多くのこども向けタブレットは耐久性に実際は強くないという事実があります。これはこども向けの商品のレビューを読めばだれでもわかるでしょう。

それなので、耐久性もあり、補償が付いているキンドルファイアが一番お買い得です。値段も他のタブレットと比較してもかなり安いですからね。

おすすめはこれ!

今回の記事では価格的側面、機能的側面、耐久性的側面の3つからタブレットを比較してみました。結論をもう一度、確認してみましょう。

あなたのおさいふにお金がありあまっている場合からいきましょう。おすすめは間違いなくiPadです。高額だし、高機能です。しかし、こども向けにはちょっと効果すぎるかもしれませんね。

それでは一般的な金銭感覚の場合であれば、どのタブレットがおすすめでしたか?そうです、キンドルファイアHD6でしたね。なんといっても今はHD7が出ていますから、6はかなり激安で手に入ります。

耐久性もかなりありますし、補償があります。子どものために機能制限をして有害サイトをフィルタリングしたり、不要なアプリに課金するのを防ぐことも出来ます。

それなので、比較した結果としておすすめなのはキンドルファイアHD6です。多くの人は手放しでアップル製品を賞賛するでしょう。

しかしながら、子どもの場合はちょっと機能が多すぎるのではないかというのが私の意見です。(※ちなみに私はiPad、iPhone、Macbookを使用していますが、アンドロイドのスマホとタブレットも使用しています。)

一口にタブレットやスマホと言っても使用方法は様々ですし、使用する人によって必要なものは変わってきます。それなので、今回はこども向けという視点でおすすめの情報をご紹介しました。

今回の記事を読んで快適で安心なタブレットをこどもに与える参考にしてみてくださいね♪^^